次ページ→
レース鳩商店街トップ  お店一覧  出店内容
   
サ行 シオン
(ポール・シオン)
フランス
〜1947年
 「名門」の名がふさわしい銘系。19世紀末、フランス国内有数の繊維会社を経営していたポール・シオンは、豊富な財力にものをいわせ有名鳩舎の俊鳩を多数導入したが、これらがシオン系のベースとなった。全盛期には年間300回から400回の入賞を数えた。
 系統的特質として天候・距離を問わないオールラウンド性、他の血統との融和性などがあげられる。シオンの代名詞ともいえる灰栗は日本でもファンが多い。
 47年にポールが死去すると、子息ロベールが引き継ぎ、ビルバオIN2位などの成績を残した。
 シオン系はイギリス、アメリカにも伝播し、日本では関口龍雄氏、並河靖氏、岩田孝七氏の3氏がアメリカのハイツマンを介してシオン系を導入、シオンブームの火付け役となった。関口氏が導入したボス、キング・オブ・フランスは有名。
 シオン系は現在、シオン家一族のロベール・フイベが引き継ぎ、94年にはバルセロナN(フランス)優勝に輝いた。 
ジルモン
(ポール・ジルモン)
ベルギー
 ジルモンの名声を国際的に高めたのは、72年にマルセイユINをベンジャミンが制したことによる。ゴールデン・カップル、ブルー・ファンブリアーナとロッキーの直子による快挙だった。83年にはカポラールがバルセロナINで優勝。やはりブルー・ファンブリアーナ×ロッキー直系だった。なおローセンスのアスティコ(80年クレルモン・フェランN優勝)はカポラールの従兄弟。
 ジルモンの基礎ラインはファンブリアーナ、ゴーランの古いカップル。その後、デフレンドを入れて改良を進めた。その他の翔歴にリモージュNイヤリング優勝(70年)、アルジェントンN優勝(76年)、ツールNイヤリング優勝(76年)など。
ステッケルボード
(アロイス・
ステッケルボード)

ベルギー
〜1946年
 ステッケルボード自身は後世に残るような成績をあげなかったが、彼の死後、多くのレースマンがこの系統を導入し、長距離レースで成功をおさめたことにより、ステッケルボードの名は不滅となった。
 鳩レースを始めたのは22年。基礎鳩はマリエン系。46年に夭折したが、ミッシェル・デスカン、ダニエル・ラビューが彼の残した鳩を引き継ぎ、デスカンのアイザレンとラビューのシャトローから派生したラインは、ステッケルボードの二大飛び筋と呼ばれるようになった。 
スマル
(レオポール・スマル)
ベルギー
 スマルといえば、ファビオラ、プレフェレによる母娘2代連続ブールジュN優勝(73年、76年)という不滅の記録に尽きる。
 スマル系の基礎は、彼と同じ地区に住み、デフレンドを主力とするアンリー・ロッシーの鳩。このラインから生まれたのがスマル鳩舎源鳩ヴュー・ブルーロッシーで、この鳩の近親交配からファビオラ、プレフェレが誕生した。
タ行 デズメ
(ヘクトール・デズメ)
ベルギー
 ヘラールズベルヘン出身のレースマン。ブリクー、ホーレマンス、ファンブリアーナ、カトリス、デフレンドなどを交配して、多くのトップレーサーを生んだ。代表鳩にプリンス(アングレーム・ダービーN2位、リボルヌN4位、アビニョンN4位、アングレームN4位)、クライネ・アースグラウウェ(オルレアン優勝2回、ドールダン4位など)など。
デフレンド
(オスカー・
デフレンド)

ベルギー
1889または1892〜
1960年代没
 デフレンド系の白眉は、戦後の三大銘鳩に数えられるズワルトバンドだ。49年アングレーム・ダービーN優勝、51年サンバンサンN優勝など18回のN・INで入賞した。
 デフレンド鳩舎は西フラマンのムーレという町にあり、カトリス兄弟とは同じ通りに面していた。彼はファンデルエスプトよりカレルを導入し、ファンデベルデの雌と交配して好種鳩を残し、戦後の銘系の基礎とした。ズワルトバンドもこの血を受け継ぐ。
 カトリス兄弟との交流も深く、デフレンドの血統は、カトリス鳩舎を介して多くの有名鳩舎に広がっていく。カトリスのドライヤー、ペーテルスのバルセロナIN優勝鳩、ヘクトール・デズメのプリンスなどがデフレンドの血を引く一例だ。
 オスカーの死後、子息のマルセルとモーリスがデフレンド鳩舎を継承し、72年にズワルトバンドの曾孫でカオールNを制した。
デルバール
(モーリス・
デルバール)

ベルギー
1899〜1986年
 戦後のベルギーの三大愛鳩家の一人で、ヨーロッパ・日本鳩界に多大な影響を与えた。この系統の特質は、長距離でコンスタントに入賞を重ねる力、ピート・デウェールトがいうところのデルバールの「馬鹿力」にある。父オスカー・デルバールが作った長距離の銘鳩ブラウエ・ウィールの直娘にデプレンター、モレールスなどの鳩を掛けて作られた2羽のオス、2羽のメスがデルバール系の基礎となった。
 37年にダックスがバルセロナINで優勝、さらに代表鳩プティ・エカイエは38年のサンバンサンでIN4位、N優勝、翌39年もIN3位、N優勝を遂げた。戦後にはバロンがペリギューN10位、リモージュN5位などの成績を残した。
 デルバール系はヨーロッパ、日本にも広がり、各地で抜きん出た成績をあげた。ヤン・アールデン系の基礎鳩の一羽がデルバール系であることはよく知られている。ニッピス鳩舎はデルバール系の鳩を駆使して、60年代にバルセロナIN最多入賞記録を作った。日本にも59年、並河靖氏がバロンの直子バロン・スターを導入したのを皮切りに多くの銘鳩が導入された。 
ナ行 ノルマン
(ノルベルト・ノルマン)
ベルギー
 ベルギー最古の石炭会社社長として、アンタンベルジ会長として社会的にもピジョンスポーツ界でも高い地位を得た。
 65年にファンネの作出鳩でペリギューN優勝、70年には待望のバルセロナIN優勝を果たした。ヘクトール・デズメの死後開かれたオークションで落札した銘鳩プリンスの曾孫による快挙だった。77年リモージュNでは1、2、3、5位と圧勝。またベルギー最優秀鳩舎賞を84年、86年、87年と3回獲得している。
←前ページ
次ページ→
←前ページ
UP↑